<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
MOLDED PENTRAY






MOLDED PENTRAY,

サンプルが届きました。

強度が増して、表面がより滑らかになりました。




中に入ったPENTRAYが動かないように、
すき間にタマゴ用のパルプモールドが入っています。

本日届いたのは、「紙」だけでできた荷物でした。









MOLDED PENTRAY




MOLDED PENTRAY、

再生古紙や新聞古紙と、広葉樹のクラフトパルプを溶かし、
再度固めた『パルプモールド』で、トレーを作りました。

紙ならではの柔らかな質感、
それでいてセラミックのような佇まい。


開発にとても時間がかかっていますので、
もうしばらくお待ちください。





PH NEW ITEM 進行中





久々の新商品に向けて動き始めています。
秋頃のリリースが目標です。


随時こちらでアップしていく予定ですので、
お楽しみに・・・。



活版印刷の行程
 PH001とPH002の表紙は全面を活版印刷でしあげています。
そのため、ひとつずつ表情が異なり、工業製品なのに
どこか親しみやすく個性のある出来上がりとなります。

●STEP01 組版
用紙サイズに合わせて版を組みます。
KAPPAN_han


●STEP02 印刷機のセッティング
今回は特殊な芯紙を使っているため、慎重なセッティングが行われます。
KAPPAN_kami

●STEP03 調色
今回の4色はいくつかの色を組み合わせてオリジナルで
調合してもらっています。これを『特練り』と言うのだとか。
KAPPNA_iro

●STEP05 刷りだし
紙にどれだけの圧力を加えて印刷するか?など、
細心の注意を払いながら、仕上がりを決めていきます。KAPPAN_suri

●STEP06 印刷
活版印刷機がスタートすると、リズミカルに印刷された
表紙が仕上がってでてきます。
KAPPAN_insatsu

●STEP07 重ね刷り
今回は、全面を刷ったあとに、わずかに濃い色のインクを使い
ロゴタイプを重ねて刷りいれます。
KAPPAN_han2


●NEXT STEP
このあとに『製本』という行程に入りが、
ノートやメモパッドとして 仕上げをしていきます。